亀田 年保:GRオフィサー

GRオフィサー/合同会社つなぐ和 代表(広島県尾道市)

新卒で讀賣テレビ放送株式会社に入社。大阪本社での営業部門ではスポンサー・広告会社へのテレビ営業活動。スポーツ部門では野球・ゴルフ・サッカーほかスポーツ中継、バレーボール・大相撲ほかイベントプロデュースを担当。東京支社転勤後はコンテンツ部門にて、アニメ・ドラマ・バラエティーのマルチユース展開、IT戦略を担当。また、IT戦略子会社の創業メンバーとして、3年間、役員を歴任。

50歳を機に28年勤務した読売テレビを退職し、ふるさと尾道にUターン。「人と人、心と心、地域と地域をつなぎ、新たな価値を創造することで、社会に貢献し、世界平和を目指す」という理念を掲げ『つなぐ和』を創業。尾道映画祭ほかイベントプロデュース、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進、ECサイト立ち上げ、アニメのキャラクタービジネス展開ほか、数多くのプロジェクトに携わる。また、尾道ライオンズクラブ、NPOプラットフォーム・おのみち、尾道市立大学「地域プレゼンテーション課題」ブラッシュアップアドバイザーなど、地域のボランティア活動にも積極的に参加している。

2023年4月尾道市長選挙に立候補。28,414票を獲得するも303票差で現職候補に敗れるが、現在も「尾道から日本をよくする」という想いを胸に、活動を続けている。

広島県出身 尾道市在住
関西大学法学部卒業
早稲田大学大学院商学研究科(早稲田大学ビジネススクール)卒業 MBA取得

twitter Facebook Instagram note