横須賀市で市議会議員を6年、市長を8年経験して、政治と行政の可能性と限界性を同時に痛感してきました。また、せっかくの民間のテクノロジーやイノベーションを地域課題解決に活用できないことは、本当にもったいないと感じていました。行政の組織風土や法体系に基づくワークスタイルなどと、民間のビジネスセンスやスピード感とは、大きく隔たりがあるのは事実ですが、それをつなげる手法と人材をもってすれば、乗り越えることはできます。逆に、そうした手法の認知と人材の育成こそが、今求められていると思っています。この日本GR協会の活動を通じて「課題先進国日本」を、「課題解決先進国」として、前に進めていくことができればと思っています。

一般社団法人日本GR協会 代表理事 吉田雄人